努力の色々ある。

子供の通う小学校は、小規模校で複式学校です。人数も小さく運動会も校区民運動会と共にするような学校なのですが、ソフトボールスポーツ少年団があります。わたし、昔からソフトボールを通じていたので、子供にも同じ喜びを知ってほしいといった1年生から入団させていらっしゃる。ちょっぴり痛い少年団で、怒られてるのを見たりすると心が痛みますが、試合で見せてくれるプレーや勝利の喜びを一緒に味わえる事の方が何倍も救われます。先輩に甲子園に出た子もいらっしゃる。我が子は甲子園に出なくても、甲子園を目指す子になってくださいといった、少年団の練習以外にも練習をさせてきました。素振りでマメが潰れて痛いと言ってもやめさせず、さっと熱があっても練習に行かせました。強く上手くなってくださいという思いだけで、させてきました。子供自身で努力してなく、させられていたので、賢くなるラクラク、ただ逃げ出したいだけでした。5年生頃から口癖で、「僕は中学校にクラブはしない」と言い出しました。卒業するまでその気持ちは変わることなく、ソフトボールは親の為にしてるといったいつも口にしてました。親にさせられていた努力でしたが、最後の試合では活躍する事ができました。その時は親子で泣いて喜びました。最後の試合で活躍できた事で満足で、つらい練習をさせてきたというほんのり反省しました。小学校で終わりとしてましたが、中学校に入学したら子供が「野球部に入ったよ。また一緒に練習してな。甲子園にも行きたいな。」と言ってくれました。親の一方的な考えでさせたことが、子供もその喜びを知って目指すとしてくれた事が何よりうれしいです。一緒にこれからも努力をしたいって考えられます。LAVAは日本最大のホットヨガスタジオです。こちらを参考にしてください